NUDIBRANCH AND SEA SLUGS

奄美大島のウミウシについて

奄美大島のウミウシシーズンは毎年1月下旬頃から6月頃まで。
これまで約400種以上のウミウシが観察されています。
初めて奄美大島にお越しになる方が、ウミウシダイビングをより楽しんでいただくために、このページを作成しました。

ウミウシとは 特徴や名前の由来について

ウミウシとは、大きく分類するとタコやイカなどと同じ軟体動物、さらには巻貝の仲間と言われています。
「海牛」という名前の由来には諸説ありますが、「水中を牛のように歩く姿から」や「触角が牛のようだ」など。
英語では、Nudibranch(直訳すると裸の鰓)やSea Slug(直訳すると海のなめくじ)などとも呼ばれています。

ウミウシと一言に言っても、様々な種類がおり、日本だけで約1400種類、海外では5000~6000種類はいるのではないかと言われています。
その姿は、とてもカラフルで派手なものから「どうしてそんな色や模様をしているの?」というような奇跡的なものまで「海の宝石」と呼ばれる所以となっています。
奄美大島では、ウミウシ写真家の今本淳氏らのご功績により、現在約400種以上のウミウシが観察されており、今後も増えていくと予想されます。

そんなウミウシパラダイスな奄美大島の魅力をさらに伝えるべく、ここではウミウシのシーズナリティやウミウシダイビングをより楽しんでいただくための情報を書いていきます。

ウミウシダイビングは毎年1月下旬〜6月頃がおすすめ

まず、年間を通して、ウミウシの観察数が多いのは、1月下旬頃〜6月頃までとなります。

ウミウシにもシーズナリティがある

実はウミウシにもシーズナリティがあり、「〇〇ウミウシが見たいです!」と決まっている場合に「ごめんなさいおそらく今の季節は見ることが難しいです」となる場合があります。
その辺は食べ物に旬があるのにも似ていますよね。
さらにはウミウシには、日中に多く見られるものと、夜行性のものといるので、まるでポケモンのようです。

ですので、事前に見たいウミウシが決まっている場合は、お問い合わせいただくと「〇〇ウミウシなら○月頃のビーチポイント(ボートポイント)で観察できる可能性が高いです」などとお答えできるものもあります。

具体的なシーズナリティについては下記「ウミウシシーズナリティ表」をご覧いただくか、今後作成していきます「奄美大島ウミウシ図鑑」HPやInstagramを見ていただくと、その時の旬なウミウシや過去のウミウシデータがよりわかると思います。

1月~3月はビーチポイント 4月以降はボートポイントもおすすめ

特にビーチでもボートでも、どちらでも構わない場合、ウミウシダイビングをより楽しめるのはビーチポイント。
12月~2月頃までは、太平洋側のウミウシパラダイス「手広海岸」にエントリーしやすい為、ビーチが断然おすすめ。
逆にこの頃のボートポイントは時化が続くため、ウミウシも隠れてしまうのか観察できる数が少なくなります。

3月からはビーチ・ボートダイビング共に、東シナ海側で潜ることが増えてきます。
ビーチポイントだと「倉崎海岸」や「ピアテグリ」、ボートポイントだと「バベル」や「サンドパラダイス」「大仏サンゴ」などが、それぞれ違ったウミウシが観察できておすすめです。

ウミウシパラダイスの「手広海岸」に入ることができれば、それが一番なのですが、北風が続く冬の間(12月~2月頃)しかコンスタントに入ることができないです。
その他、ウミウシポイントを日々開拓しておりますので、HPには載せられない秘密のポイントもあったりします。

「ウミウシがたくさん見たい!けれどもビーチはしんどい、、、」という方は、春先からの方が水温も高くボートポイントでもウミウシが増えてきておすすめです。
特にどちらでも構わない場合は、「ウミウシシーズナリティ」などを参考にしつつ、見たいウミウシがいるもしくはウミウシがたくさん見られる季節にお越しいただくと、より楽しめるかと思います。

【まとめ】
・12月~2月はビーチダイビング「手広海岸」がおすすめ
・3月~6月はビーチダイビング「倉崎海岸」「ピアテグリ」、ボートダイビング「バベル」「サンドパラダイス」「大仏サンゴ」などがおすすめ

 

ウミウシシーズナリティ表

あくまで個人の経験則にもとづく見解となりますが、「ウミウシ大好きなインストラクターが言ってることだし」と参考にされてみてください。(違ってたらごめんなさい汗)

季節1月2月3月4月5月6月7月-11月12月
ウミウシの数下旬から多い多い多い多い多い少なくなり始める少ない増え始める
おすすめポイント太平洋側ビーチ太平洋側ビーチ東シナ海側ビーチ&ボート東シナ海側ビーチ&ボート東シナ海側ビーチ&ボート東シナ海側ビーチ&ボート太平洋側ビーチ

ウミウシダイビングに必要な器材や格好など

上記読んでいただくとわかるとおり、基本は冬から春先がウミウシのメインシーズンとなります。
1月頃から6月頃にお越しいただくことを考えると、1月~4月はドライスーツ、5月~6月はドライもしくは5mm~6.5mmのウエットスーツがおすすめです。
ウミウシダイビングを行うポイントは、ビーチポイントが水深10M前後、ボートポイントで5~18M前後と比較的浅いところも多く、ビーチダイビングでは60分程度潜ることもあります。
なるべく水中では長時間潜っても寒くないような格好をされてくると、より楽しんでいただけるのではないかと思います。

その他、下記ページにも色々と奄美大島の情報を載せておりますので、参考にされてください。

ウミウシダイビング

奄美大島の概要&アクセス

シーズンごとの見どころ・気候